トップページへ

無痛虫歯治療

Doc’s Best Cement(ドックスベストセメント)

削らない、痛くない、無痛虫歯治療法

当院ではドックスベストセメント(Doc's Best Cement)という「夢のセメント」を使用しております。

通常の治療

「虫歯部分を完全に除去」することが基本です。虫歯部分(軟化象牙質)を完全に除去するのに痛みがある場合は麻酔が不可欠です。神経に達するような深い虫歯の場合だと、神経を取り、根の治療をして銀歯を被せることになります。神経を取った歯は、今度根の先から化膿することがあり、さらに歯がもろくなりますので破折し抜歯にいたることもあります。神経を取った歯は寿命が短くなります。歯は神経を取らないほうが絶対いいのです。

ドックスベストセメント

ところが、このドックスベストセメント(Doc's Best Cement)は虫歯部分(軟化象牙質)を完全に取り除きません。いえ、軟化象牙質が残っていた方が都合がよいのです。軟化象牙質はドックスベストセメント(Doc's Best Cement)の力で無菌化され、石灰化し治癒するのです。また再度感染することも予防できます。麻酔をしないでエナメル質だけ軽く除去し、ドックスベストセメントを虫歯部分に詰めて最終充填すると、約1年後には虫歯が消えてしまう、魔法の天然ミネラルです。麻酔もしない神経も取らない「夢の治療」となるのです。

殺菌作用

銅イオンは、微量であっても、強力な殺菌作用をもっており、古来より殺菌法として幅広く用いられてきた。 身近な話としては、「銅の洗面器を使えば、眼病が治る」、「銅(あかがね)の蓋の水は腐らない」などといった生活の知恵は、銅のもつ殺菌力に由来する話である。 従来の化学薬品や抗生物質とはまったく異なる銅イオンの殺菌に由来する話である。天然ミネラルですのでアレルギーもなく、毒性もありません。

また、ドックスベストセメントには同成分の根充用シーラーが用意されていますので、神経を取らざるを得なかった歯には、 このシーラーにより、ドックスベストセメントのもつ持続的な抗菌力を根充にも応用することができます。

「いかに歯を削らないか」を考えたときにまさに Best と言える治療法と言えるでしょう。

基本的には虫歯を除去し、プラスティックのめ物をします。
範囲が大きい場合は金属や保険外の白いセラミックなどで欠損部を埋めていきます。 ただし、全ての症例に適応できるわけではありません。

このページのトップへ

 

適応できない症例

次の3つ以上の症状が重なれば 抜髄(神経を取る)の可能性が大きくなると考えています。

  1. 何もしなくても痛い(自発痛がある)
  2. 叩くと痛い(打診反応がある)
  3. X線写真では、根尖部に透過像を認める
  4. 歯肉が赤い(歯肉の発赤)
  5. 熱いものがしみる
  6. 激しい痛みがある
  7. 夜間に痛む

このページのトップへ

 

ドックスベストセメント料金表

コンポジット充填(白い詰め物)

15,000円

コンポジットインレー

20,000円

クラウン(銀歯の被せ物)
※セラミックスは別途料金がかかります。

30,000円

※表記の金額は税別金額です。
※その他、お問い合わせ下さい。

このページのトップへ

 

ドックスベストセメント Q&A

Q:治療は何回ぐらいかかるのでしょうか。

A:充填の場合は1回で終了します。型を取った場合は2回です。

Q:保険は効きますか?

A:健康保険が使えないため自由診療となります。

Q:一生持つのでしょうか。

A:コンポジットレジン部分が破折することはあると思います。ただ、その部分を修復するだけなのであまり心配は無いと思います。

Q:治療は痛いですか?

A:ほとんど痛みはありませんが、痛みがある場合は麻酔をします。

神経を取って銀歯を被せた時との比較

神経を取って銀歯(FCK)を被せるとおおよそ以下の治療費がかかります。どっちがいいでしょうか?

治療法

神経を取り銀歯に

ドックスベストセメント

麻酔

麻酔をする

麻酔をしない

治療回数

4回~6回

1回

終末

銀歯
※破折の可能性あり

白い歯

治療費

約8,000円(3割負担)
※治療費全体は約27,000円

15,000円

※表記の金額は税別金額です。

このページのトップへ

 

診療時間

診療時間案内

月・水・金 
  10時~13時/14時30分~19時○
 10時~13時/14時30分~18時●
 10時~13時/14時30分~17時△

【診療医師】
 玉野 宏一
 玉野 真里果
 星 麻里絵
【休診日】木・日・祝

 

home>>無痛虫歯治療