トップページへ

インプラント

その他の治療

GBR(骨再生誘導法)

骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合、用いられるテクニックです。インプラントを埋入するオペの前に必要な骨を作ってしまう場合もあれば、オペのとき、同時に行われることもあります。GBR法を行うことで、今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になるケースが増加しています。また、抜歯してすぐに行うインプラントにも、この治療法が応用されています。

このページのトップへ

 

ソケットリフト

ソケットリフトは上顎洞底挙上術です。
インプラントを埋入する位置に骨を約1mm残し、穴を開けます。専用の器具(オステオトーム)で槌打し骨を抜きます。そして器具で骨を押し上げ粘膜を挙上、骨移植材注入し、インプラントを埋入して完了です。

上顎洞までの骨の厚みがない方でもインプラントを埋入できます。
上顎にインプラント治療を行う場合、問題となるのが上顎洞の位置です。上顎洞とは左右の鼻の奥に広がる大きな穴のことです。その上顎洞底までの距離が少ない場合にソケットリフト法でインプラントを埋入します。

このページのトップへ

 

CT画像

上顎洞の空洞の骨が極端に少なくソケットでは対応できない場合があります。そういう時に骨補填材などで上顎洞を持ち上げてインプラントを埋め込む手術方法です。

可能な2つの部分のうち1つの仮の開口部から行います。

下からアプローチする方法をソケットリフト、横からアプローチする方法をサイナスリフトと呼びます

器具により上顎洞粘膜を元の位置に戻し変えます。そして代用骨の埋め込み空間を作り出します。

歯科インプラントの埋入を十分に支えるだけの骨が確保されます。

時間とともに、インプラント代用骨は治癒していき、強固に結合し、置き換える歯のための安定した基盤を作り出します。

このページのトップへ

 

抜歯即時インプラント

今までは抜歯して骨ができるまで3ヶ月~6ヶ月くらい待ってからインプラントをいれていましたが、今は、抜歯したと同時にインプラントをいれることができます。

  • 抜歯とインプラント手術を同時にするので処置が一回ですみます。
  • 仮歯をいれられるので歯のない時期がありません。
  • 抜歯すると骨がだんだん吸収されて細くなっていきますが、すぐにインプラント埋入することによって骨吸収を起こしません。
  • 患者さんの精神的、肉体的負担が少ない。

このページのトップへ

 

コンテンツ

診療時間

診療時間案内

月・水・金 
  10時~13時/14時30分~19時○
 10時~13時/14時30分~18時●
 10時~13時/14時30分~17時△

【診療医師】
 玉野 宏一
 玉野 真里果
 星 麻里絵
【休診日】木・日・祝

home>>インプラント