トップページへ

インプラント

OAMインプラント

OAMインプラントとは?

「インプラントの革命」 それは、ドリルなしのインプラント

通常のインプラント手術は、ドリルで骨を削り穴をあけていきますが、このOAM式インプラント手術はほとんどドリルを使用しません。

極細のリーマーで穴をあけ、後 はOAM器具を段階的に差し込んで穴を拡げていく方式で、骨を削るのではなく、穴の幅を拡げていきますので骨の密度も増し強度も上がりますし、ドリルを使用しないの で神経や血管を傷つけず、リスクを回避する事ができます。

骨が少ない方や骨がや せてしまい従来の方法ではインプラントが困難だったケースでもこのOAM方式であれ ばインプラントが可能となります。

このページのトップへ

 

OAMインプラントの特徴

  1. 骨が少なくインプラント治療が困難だった方でも可能になります。
  2. 骨を削る量が最小限(直径 0.5 mmのドリルで印をつけるだけ)になります。
  3. 骨を削るのではなく、穴を拡げていきますので、骨の密度も増し強度も上がります。
  4. 上部構造を被せるまでの期間が短縮します。
  5. 治療の際、骨を削る時の不快な音や振動を与えることがないので苦痛や不快感もかなり軽減されます。

(解説)

今まで、インプラントの手術は、ドリルで穴を開け、そこにインプラントを埋め込むというものでした。

【注意】下顎の骨密度が高く、硬い骨の人には向いていませんので、通常のドリルでの治療となります。

このページのトップへ

 

OAMインプラントの手順

【 1 】

インプラント埋入位置に直径 0.3 mmの極細のドリルで印をつけます。

目印としてつけるだけですので、通常のドリルの様な負担はありません。

【 2 】

歯の根の治療に使うファイルという器具で、所定の深さまで骨に穴を開けます。

手で穴を開けていきますので音も振動もありません。
麻酔も効いていますので痛みも不快感もありません。

【 3 】

OAM キットという専用器具を使用し、穴を少しづつ拡大していきます。

直径 0.5 → 0.7 → 0.9 → 1.2 → 1.4 → 1.6 と先端が段々太いものを穴にいれて拡大していきます。この際骨密度が上がっていきます。

【 4 】

拡大を続けて、インプラントの太さまで開けたら終了です。

【 5 】

インプラントを埋め込み、手術完了です。

OAM インプラントは、名古屋市立大学医学部講師の大口弘先生が考案された最新のインプラント治療です。

このページのトップへ

 

手術室設備紹介

専用の空気洗浄機(クリーンエアプラス)

器械・器具の滅菌、消毒を完全に行ったとしても、それは安全な環境ではありません。清浄ではない環境では空気中の塵埃に汚染されてしまう危険が常にあります。クリーンエアプラスは強力な清浄力により、清潔で安全な手術室を瞬時に作り出します。

生体モニター

当院では脈拍・血圧・酸素飽和度・心電図を同時にモニターする生体モニターを使用しています。急な体調変化に対応でき、安全かつ安心な治療を提供することが可能になります。

このページのトップへ

 

コンテンツ

診療時間

診療時間案内

月・水・金 
  10時~13時/14時30分~19時○
 10時~13時/14時30分~18時●
 10時~13時/14時30分~17時△

【診療医師】
 玉野 宏一
 玉野 真里果
 星 麻里絵
【休診日】木・日・祝

 

home>>インプラント