トップページへ

静脈内麻酔

インプラント手術時の不安や恐怖心を和らげる【静脈内鎮静法】

静脈内鎮静法とは

インプラント手術時に、血圧や呼吸等を監視しながら、点滴から少しずつ薬を入れます。数分して薬が効いてくると眠くなります。ただし、全身麻酔のように意識がなくなることはありません。「口を開けてください」といったことにも応ずることができ、会話もすることができます。お酒を飲んでほろ酔い加減のような、半分眠っているような感覚で手術を行いますので、緊張することなくリラックスして楽に治療をうけることができます。治療終了後は、健忘効果があるため、術中のことを憶えていないことが少なくありません。
静脈内鎮静法の麻酔は、北海道大学から麻酔科の先生が来て行います。

利 点

  1. 不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができる。
  2. 血圧や脈拍が安定します。
  3. 生体モニターで患者さんの状態を常に監視しているので病気が気になる方も安心して治療を受けることができます。
  4. 健忘効果があるため、実際よりも治療時間が短く感じられます。
  5. 点滴をしているので、患者さんの変化に即座に対応できます。
  6. 嘔吐反射が弱まる

静脈内鎮静法の適応となる人

  • 歯科治療一般に対する不安や恐怖心の強い人
  • 歯を抜くのが怖い人
  • 歯科治療中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしたことのある人
  • 麻酔をするとドキドキして気分が悪くなる人
  • 嘔吐反射のすごく強い人
  • 高血圧症、心臓病、糖尿病などの全身的な病気をおもちで、全身管理が必要な人
  • リラックスして楽に治療を受けたい人

このような不安や恐怖心を和らげ、患者さんに快適な診療環境を提供する方法が静脈内鎮静法です。

インプラント手術の際に静脈内鎮静法を受けた患者さんに対するアンケート調査では、90%以上の方が次回の手術でも静脈内鎮静法を受けたいと回答したという報告があります。

このページのトップへ

 

静脈内鎮静法の流れ

処置当日までに

あらかじめ、全身の健康状態についてお話をうかがいます。高血圧症や糖尿病などの全身的な病気をおもちの方では、必要に応じて内科主治医の先生に現在の状態やお薬の内容などをお聞きします。

処置当日

  1. 歯科麻酔科医が、お体の状態について簡単にお話をうかがいます。心配なことがあれば、何でもお聞きください。
  2. 血圧や呼吸を監視する簡単なモニターをつけます。家庭用の自動血圧計とほぼ同じものと考えてください。
  3. 点滴から少しずつお薬を入れます。
  4. 薬の効果を確認して、必要に応じて口の中に麻酔をします。
  5. 終了後、眠気、ふらつきがなくなるまでお休みいただきます。

厳守していただきたいこと

  • 風邪などで体調がすぐれない場合には、事前に連絡してください。
  • 常用薬の服用は、担当歯科麻酔医から出された指示を必ず守ってください。
  • 処置当日は、処置開始8時間前から禁食、4時間前から禁水となります。 特に、直前に飲食された場合、手術中に大きな事故に繋がる可能性がありますので、必ず守ってください 。
  • 処置当日は、締めつけの少ない楽な服を着てきてください。 また、全身状態を正確に把握するために、化粧、マニュキュア、口紅は落としてください。コンタクトレンズは、処置中は外してください 。

このページのトップへ

 

診療時間

診療時間案内

月・水・金 
  10時~13時/14時30分~19時○
 10時~13時/14時30分~18時●
 10時~13時/14時30分~17時△

【診療医師】
 玉野 宏一
 玉野 真里果
 星 麻里絵
【休診日】木・日・祝

 

home>>静脈内麻酔