トップページへ

矯正歯科

インビザライン

ワイヤーを使用しない、見えない矯正

インビザライン(写真)は1997年、アメリカのアライン社により開発された矯正装置で、現在、米国、カナダの矯正医の約7割がこのシステムを用いて治療をおこなっております。現在では、世界中の歯科医療機関で取り入れられており2006年の段階で、受診者は38万人にのぼり年々増加を続けております。日本では、2006年2月より正規導入がスタートいたしました。

従来のブラケット、ワイヤーを使用する矯正装置と違い、装着していても外見上ほとんどわかりません(写真:装着例)。特に自分で脱着できる事が大きな特徴であり、食事も歯磨きもいつもどうりできる。従来の矯正装置がネックとなって治療に踏み切れなかった患者さんにとっては朗報といえるでしょう。

インビザライン

このページのトップへ

 

コンテンツ

診療時間

診療時間案内

月・水・金 
  10時~13時/14時30分~19時○
 10時~13時/14時30分~18時●
 10時~13時/14時30分~17時△

【診療医師】
 玉野 宏一
 玉野 真里果
 星 麻里絵
【休診日】木・日・祝

 

home>>矯正歯科>>インビザライン